2014年10月7日火曜日

カラオケボックス


デパートのエスカレーターの近くの休憩スペースや公園で、ほにゃんと座っている男性の営業を見ると、「仲間になりたくない」って思う。売れてない感が、カラダ全体からにじみ出ている。

外回りをしていたら、魂が抜けそうになることがたくさんある。でも、ええかっこしいなので、その姿を人に、特に知ってる人には、絶対見られたくない。

そんなときに、よくお世話になったのが、カラオケボックス。


例えば、うたひろだったら(店舗にもよるけど)お茶する値段にちょっと上乗せすれば、完全個室。歌うもよし、踊るもよし、寝るもよし。小さい部屋でもソファになっているので、ま、ちょいと狭いけど、寝られる。

ある日、カラオケボックスに行ったときのこと、ちょっと歌っただけなのに、言いようのない眠気に襲われ、リモコンをお腹の上に乗せたまま、入眠。


ミッケ こんにゃ格好で失礼しましゅ
こんな感じで寝てた

「大丈夫ですかーーーっ!!!」。



突然、ドアが開き、男性が飛び込んできた。 どうやら終了10分前のコールをしたが、反応なく、「もしや!!!」と思い、走ってきたらしい。

カラオケボックスのフロント裏には、Hしてないか、のっぴきならない事態になっていないか、確認できるように各部屋のモニターがついている。

トドのように爆睡していたので、自殺したんじゃないかと思ったみたい。

アルゼンチンのトド
トド あるいはセイウチ @Punta Norte, Argentina 1994



彼もビックリしただろうけど、あたしもビックリした。ガバッと起きると、お腹に乗せていたリモコンがガタンと床に落ちた。

ま、寝るにしたって、寝過ぎないように、というお話でした。





0 件のコメント: