2014年10月14日火曜日

銭湯


ババンババンバンバン♪ 銭湯気分(やらされ感満載)のミッケ。
熱出して寝込んでいるように見える?  寝ぼけてるだけでしゅ。
ある日、台東区のリストが配布された。台東区といっても、秋葉原や上野ではなく、日本堤。かつて遊郭吉原があったところ。山谷もここにある。社内営業してないと、こういうエリアのリストがまわってくるのね。

ま、比較的なんでもいいほうに考えるタイプなので、この際、ディープな東京トリップに出かける気分で、現場到着。すっかりその気になってしまい、2〜3件訪問したら、もう旅行気分。有名な天麩羅の老舗「土手の伊勢屋」も歩いていて見つけた。強烈な存在感、戦前の日本家屋。しかし、お昼はとっくに過ぎていた。

それ以外は、何時間も歩いて、何を見たんだか、あまり記憶に残っていない。覚えているのは、夕方になり、ベローチェもドトールも ないので、公園の、かなりキワドイお手洗いに行ったこと。スレ違ったオジサンが♪オイラはドラマー、ヤクザなドラマーと「嵐を呼ぶ男」を歌いながら遠ざかっていったこと。

そしてもう一つは、夕闇にぼぉーっと浮かんだアールデコ風の銭湯。その名も「廿世紀浴場」(にじっせいきよくじょう)戦前の上海みたいな、魅惑の和洋折衷建築。中をチラッと覗くと、あぁ、スペインチックなタイル!

午後のほとんど散歩して、風呂にまで入るってのは、いかがなものか。ここがあたしのちっちゃいところ。真剣に悩み、今度、土手の伊勢屋とセットで来ることにした。

しかし今度は来なかった。「廿世紀浴場」は2007年に廃業、建物は取り壊されたそうだ。
在りし日の廿世紀浴場(Wikipediaより)

今でも、年に何回か思い出す。あの時、入っておけばよかった。そういえば、土手の伊勢屋も、まだ未踏。「また今度」はないっていうお話でした。

0 件のコメント: