2015年11月12日木曜日

関西テレアポ 2015年11月

ある日の午後。

「確認させていただきますので、少しお待ちください。いったん保留に致します」と言って、保留にしたつもりだった。が、解除しようとして、保留にしなかったことに、気づいた。

通話相手は、関西のオジサマ。突っ込まれるだろうと思ったら、予想通りツッコマレタ。

「保留にする言うたけど、なってなかったで。鼻歌が聞こえてきたで〜」

関東人だと、こんなときは見て見ぬ振り、聞いて聞かぬフリをする。そして、何もなかったように、うわべの会話を続ける。関東人はそれが大人の対応だと信じているフシがある。

鼻歌を歌っていたのは、事実^_^;

でも、こんなときは、突っ込まれて、でへへと笑ったりするほうが、親近感が増すこともある。

フランス人たちが、揚げ足を取りあい、突っ込まれたら、こう切り返そうと次の一手を考えながら、切磋琢磨して会話の質を高めようとする姿勢に、どこか似ている。

と言いつつも、あたしが逆の立場だったら、突っ込まないだろうな、やっぱり。

ところで、ある時、FM大阪で大西ユカリさんの番組を聞いてたら、こんな投稿があった。

「週末、ウチの嫁の友達が大挙してやってきて、大お喋り大会。聞いていてふと気づいたのは、さんざん喋くりまくったあとで『ま、よう知らんけどな』と言って締めくくること。知らないで、よくもあんなに喋れるもんや」

そんな、ある日。また別の関西のオジサマと電話で話した、切り際のこと。

「あんたは、小倉の出身か?」

「はっ?」

「小倉生まれか?」

「いえ、東京ですけど」

「そうか、なんやアクセントが小倉のような気がしただけや。ま、よう知らんけどな」


!!!出た〜!!! 


かと思えば、さらに別の関西人のおにいさんとは、こんなコトも。

「では、今週13日の金曜日○○時にお待ちしております」

「ふふっ、13日の金曜日ですか〜」

「あはっ、そうです。やっぱり突っ込んできましたね。関西の方なので、突っ込まれそうな予感はしたのですが」

調子に乗ったあたしがそう口走った後、それまで軽快にやり取りしていた彼は、急に静かになってしまったのだ。ガラスの心を傷つけてしまったかも。

関西人、どこにボールが飛んでいくか予測しがたい。おもしろい。やっぱり、どこかラテン系と、近い気がする。

◾︎ミッケのひと言◾︎
何を書いてるんだか、さっぱりわからにゃいけど、近況としては、ママが帰ってくると、うれし過ぎて身をよじり、訳もなくイっちゃってる表情になるのにゃ〜(^з^)









0 件のコメント: