2016年11月11日金曜日

さよなら!ミントちゃん

ポトスさえ枯らした暗い過去があるあたし。植物にはとんとご縁がなかったけど、2年ほど前、友だちからミントをもらった。

ミントといえば、モヒート。モヒートといえば、キューバ🇨🇺。ラテンつながりで気が合ったのか、スクスク育った。

毎日せっせとお水をあげ、マンションの大規模修繕工事中は、実家に預けた。


2015年4月 最盛期のミントちゃん

モヒートにしようかとも思った。食べたほうが本人もうれしいんじゃない?って意見もあったけど、どうしても踏み切れず、鑑賞専門に。


こんな風に、ビヨーンと伸びたり。


冬場はミニマムで生き延びた。

今年の春は、いまひとつ勢いに欠けたので、栄養剤を購入@100円ショップ。振り返ってみると、この栄養剤が、ミントちゃんの体質に合わなかったのかもしれない。

今年5月は、まだがんばってた。

夏は張り切るミントちゃんだったのに、芽が出ても🌱しばらくすると色がくすんで、しおれてしまう。



あれは今年最後の台風が東京に接近した夜。風が強くなってきたので、伏せながら耐えていたベランダのミントちゃんはお風呂場に避難。すでにその時、ミントちゃんはたった1本になっていた。

ゴソゴソ.....。

異音に気づき、お風呂場に行くと、にゃんと!ミッケがミントちゃんを食べようとする、まさにその瞬間。

「ミントちゃーん!」

駆け寄ったが時すでに遅く、ミッケの鋭い牙によって引きちぎられていた。

ミッケったら、ネコ草は食べなかったのに、ミントちゃんには手を伸ばす。ホント、ネコだわ〜😸



最後の1本のミントちゃんは、あたしがいただきました。

いま、思い出してもじんわりする。濃厚で、香しく、今まで食べたどんなミントよりおいしかった。

もしかすると、このまま置いておくと、ミントちゃんの子孫が生えてくるかも。
しばらく様子を見ていたら、生えてきたのは、雑草。

雑草魂って言うけど、どこからやってきたんだろう。マンションのベランダなのに。

なんだか情が湧き、「元ミントちゃん」と呼んで、育ててます。


水をあげつつ観察してたら、夜になると、葉っぱが閉じていた。こうやって夜を過ごしていたのか。小さな発見、大きなよろこびの巻。


<ミッケの反省>
こんばんにゃんこ、ミッケでしゅ。
ミントちゃんとあたしは、ママが同じお友達からもらってきたんでしゅ。同郷のよしみ?ミントちゃんがベランダにいたころは、よく見つめあったり、話しかけたりしてました。

いつもはないものが置いてあったりすると、すぐにチェックしたくなるのがネコの性。そうか、あれは、ベランダにいたミントちゃんだったのか〜(°▽°)

ゴメンね、ミントちゃん。


相変わらず、封筒の切れ端に魅了されてるのにゃ。もう陶酔しちゃうくらいに。

0 件のコメント: